【レビュー AQW-DX12M】最新のドラム式洗濯乾燥機「AQUA まっすぐドラム 」を旧型機種と比較【 2021年12月発売】

この記事では、「AQUAまっすぐドラム」の最新上位機種AQW-DX12Mと下位機種AQW-D12Mを比較、共通の徴と違いを紹介しています。

AQW-DX12Mは洗濯容量12kgクラスの国内家庭用洗濯乾燥機においてNo.1コンパクトであるが特徴です。

AQW-DX12Mの扉は、左開きのみの設定です。右開きが欲しい方は、他のメーカーの洗濯機をご検討ください。

AQUAってどんな会社?

世界No.1の白物家電メーカーHaierグループの一員です。

洗濯機以外に冷蔵庫や食器洗い乾燥機や掃除機、オーブントースターを一般向けに製造しているメーカーです。

洗濯機は業務用にも製造しており、現在、日本にてコインランドリーシェアNO.1です。

沿革は、2012年1月三洋アクア株式会社が、三洋電機株式会社からの事業譲渡と株式取得により、洗濯機、冷蔵庫の新ブランド(AQUA)の国内販売を行う「ハイアールアクアセールス株式会社」として発足。

2016年1月「ハイアールアジア株式会社」の社名を「アクア株式会社」に変更しています。

数年前に名前を聞いていたハイアールはなくなったわけではなく、「アクア」に名前を替えています。

三洋電機からアクアに生まれ変わって2022年で10年になりました。

現在10周年キャンペーンを開催中です。

上位機種AQW-DX12Mと下位機種AQW-D12Mをスペックで比較

製品名 まっ直ぐドラム AQW-DX12M まっ直ぐドラム AQW-D12M
ドラムタイプ 横型 横型
開閉タイプ 左開き 左開き
容量 洗濯容量 12 kg 12 kg
乾燥容量 6 kg 6 kg
標準使用水量(洗濯時) 84 L 84 L
騒音レベル 洗濯時騒音レベル 34 dB 34 dB
脱水時騒音レベル 46 dB 46 dB
乾燥時騒音レベル 47 dB 47 dB
消費電力 洗濯時消費電力(50/60Hz)
洗濯時消費電力量(50/60Hz) 55/55 Wh 55/55 Wh
洗濯乾燥時消費電力量(50/60Hz) 1130/1130 Wh 950/950 Wh
目安時間 洗濯時標準コース目安時間 29 分 29 分
洗濯乾燥時標準コース目安時間 139 分 139 分
洗剤・柔軟剤 自動投入
スマホ連携
AI自動運転
ほぐし脱水
温風洗浄
温水洗浄
風呂水ポンプ
自動おそうじ
インバーター搭載
ヒートポンプ
予約タイマー
カビ取り機能
シワ取り機能
電気代(目安) 洗濯時目安:1.5円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:30.5円(50Hz/60Hz)

洗濯時目安:1.5円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:25.7円(50Hz/60Hz)

水道代(目安) 洗濯時目安:21円

洗濯乾燥時目安:15円

洗濯時目安:21円

洗濯乾燥時目安:15円

1回あたりのコスト(目安) 洗濯時目安:22.5円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:45.5円(50Hz/60Hz)

洗濯時目安:22.5円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:40.7円(50Hz/60Hz)

幅x高さx奥行き 幅595×高さ943×奥行685(排水ホース直付けの場合:735) mm 幅595×高さ943×奥行685(排水ホース直付けの場合:735) mm
防水パンサイズ(内寸奥行) 540 mm 540 mm
質量 94 kg 93 kg

洗濯容量や乾燥機能は変わりありません。

「洗剤・柔軟剤の自動投入」「しわ取り機能」、水洗いできない衣類も除菌・消臭できる「エアウォッシュ」は上位機種AQW-DX12Mのみ搭載されています。

上位機種AQW-DX12Mと下位機種AQW-D12Mを共通の特徴

クラスNo.1コンパクト「大容量12kgまっ直ぐドラム」

AQW-DX12M:設置イメージ
AQUAHPより引用

洗濯容量12kgと業界最大ですが、一般の防水パンに設置できます。

また、ロータイプのため棚の設置がしやすくなっています。

ロータイプであることで洗濯機上方のスぺースが使いやすくなっています。

前方へ飛び出してないのでランドリースペースを広く使えます。その意味では体の負担は少ないでしょう。

デメリットとしては、身長によってはかがまないと取り出しにくいことです。

ドラムがまっすぐだから、洗いムラが抑えられ、絡みにくいという特徴を生み出しています。

コインランドリーシェアNo.1が言うと説得力ありますよね。

絡み防止乾燥

まっすぐドラムを生かして絡みにくく仕上げます。

乾燥方式は、ヒートポンプ式を採用。洋服が縮みにくいのが特徴です。

乾燥フィルター自動おそうじ

内臓フィルターに溜まった糸くず・ホコリをワイパーブラシとシャワーで自動でお掃除します。

そうすることで毎回のフィルター掃除が楽になりますし、乾燥効率の低下を抑えてくれます。

クラスNo.1スピード洗濯

12kgを洗濯を約29分で仕上げます。

国内の12kg級洗濯機で最速クラスの速さです。

上位機種AQW-DX12Mだけの特徴

エアウォッシュ

熱UVパワフル除菌:イメージ図
AQUA HPより引用

温水ミストとUVライトのちからでシワをのばし、ふんわりと清潔に仕上げてくれます。

超音波にて発生させたミストを充満させ、衣類の消臭、除菌をおこないます。

水洗いできない洋服や、しわが気になるYシャツ、ボリュームが気になるダウンなどに使える機能です。

コロナ時代にうれしい機能ですね。

液体洗剤・柔軟剤自動投入

洗濯のたびに適量を自動投入してくれるので手間が減ります。

また、自動投入タンクは水洗いが可能で清潔性にも気を配っています。

さらに、自動投入経路の自動お掃除機能も搭載されています。

まとめ:上位機種AQW-DX12Mと下位機種AQW-D12Mの価格差はほぼない!

上位機種AQW-DX12M一択じゃないでしょうか。

洗剤・柔軟剤の自動投入機能がついて20万円以下で購入できるのは本当にお買い得です。

AQUAというブランドは、Panasonicや日立に比べるとブランド力としては劣るイメージがあります。

しかし、業務用コインランドリーで培った技術力と独自の機能で有名ブランドと勝負が出来る内容になっています。

洗濯12kg/乾燥6kgという業界最大の容量に加え、洗剤・柔軟剤の自動投入、除菌消臭機能と他社で標準装備されている機能は備えていますし、他社よりもコンパクトであるというメリットがあります。

洗剤・柔軟剤の自動投入が装備されたモデルで他社含め最安(5万円以上安い)で購入できることが最大のおすすめポイントです。