【レビュー TW-127X9L/R】最新のドラム式洗濯乾燥機「東芝 ZABOON」を旧型機種と比較【 2020年10月発売】

東芝ZABOONの最新機種が発売となりました!

この記事では、東芝ZABOONの最新機種であるTW-127X9L/Rと旧機種TW-127X8L/Rを比較、共通の特徴から最新機能まで紹介しています。

「東芝 ZABOON」TW-127X9L/Rは、TW-127X8L/Rの後継機です。

東芝ZABOONと言えば、ウルトラファインバブルが売りで、専門家からの評価も上々なドラム式洗濯乾燥機です。

正直、カタログスペックと外見は他社に劣りますが、口コミや専門家の評価はかなり高いです。

ウルトラファインバブルとは、科学の力で発見された繊維のすき間より小さな「泡」。その大きさは、直径1μm未満のナノサイズ。
ウルトラファインバブルには、洗剤の洗浄成分(界面活性剤)の効果を高める力があり、繊維の奥にしっかり浸透して、汚れを落としやすくします。世界に認められた、日本発の先端科学技術なのです。

旧機種のTW-127X8L/Rは、

  • デジモノステーション家電ラボ1位
  • All about家電アワード2019 ドラム式洗濯機部門 銀賞受賞
  • GetNavi×家電Watch 家電大賞2019 銀賞受賞

上記家電アワードで賞を取った優秀なドラム式洗濯乾燥機でした。

新機種TW-127X9L/Rは、旧機種TW-127X8L/Rから更に、新たな洗濯コースの導入とお手入れの部分で改良が加えられたドラム式洗濯乾燥機です。

ちなみに型番TW-127X9L/Rの”L/R”は投入口の扉の開く方向で、Lが左開き、Rが右開きです。

旧機種TW-127X8L/R 新機種TW-127X9L/Rをスペックで比較

機種 新機種 ZABOON TW-127X9 旧機種 ZABOON TW-127X8
ドラム式 斜型 斜型
洗濯容量 12 kg 12 kg
乾燥容量 7 kg 7 kg
標準使用水量(洗濯時) 80 L 80 L
洗濯時騒音レベル 32 dB 32 dB
脱水時騒音レベル 37 dB 37 dB
乾燥時騒音レベル 49 dB 49 dB
洗濯時消費電力(50/60Hz) 170/170 W 170/170 W
洗濯時消費電力量(50/60Hz) 78/78 Wh 78/78 Wh
洗濯乾燥時消費電力量(50/60Hz) 1150/1150 Wh 1150/1150 Wh
洗濯時標準コース目安時間 35 分 35 分
洗濯乾燥時標準コース目安時間 108 分 108 分
電気代(目安) 洗濯時目安:2.1円 洗濯時目安:2.1円
洗濯乾燥時目安:31.1円 洗濯乾燥時目安:31.1円
水道代(目安) 洗濯時目安:20円 洗濯時目安:20円
洗濯乾燥時目安:15円 洗濯乾燥時目安:15円
1回あたりのコスト(目安) 洗濯時目安:22.1円 洗濯時目安:22.1円
洗濯乾燥時目安:46.1円 洗濯乾燥時目安:46.1円
本体幅 60 cm 60 cm
幅x高さx奥行き 幅645(ボディ幅:600)×高さ1060×奥行750 mm 幅645(ボディ幅:600)×高さ1060×奥行750 mm
防水パンサイズ(内寸奥行) 520 mm 520 mm
質量 90 kg 90 kg

スペック上は変化なしです。

ご購入検討されている方は、ご自宅の洗濯場に入るかどうか、扉の開く方向は右にするか左にするか確認することをお勧めします。

旧機種TW-127X8L/R 新機種TW-127X9L/R共通の特徴

東芝ZABOONの武器は「ウルトラファインバブル」で、節水でも汚れ落ちのよいドラム型洗濯乾燥機。

巷では、洗濯槽の汚れやにおいがほかのメーカーよりも少ないという口コミがあります。

洗濯槽の汚れや臭いが少ない秘密が以下の「ウルトラファインバブル」と「Ag+抗菌」なのです。

ZABOON最大の特徴「ウルトラファインバブル」

ウルトラファインバブル
東芝HPより引用

ウルトラファインバブルは汚れ落としだけではなく、すすぎにも、臭いにも効果を発揮するのです!

洗浄の流れとしては、

①洗剤の洗浄成分(界面活性剤)をばらばらにして引き寄せ、吸着。

②洗剤成分を吸着したウルトラファインバブルが、繊維のすき間に入り込み、繊維の奥の汚れまで洗浄成分を届ける。

③ウルトラファインバブルの破裂の衝撃で汚れを浮かせやすくし、洗浄成分が汚れをはがし取る効果を高める。

このようにして、汚れを落とす効果を高めてくれるのがウルトラファインバブルなのです。

汚れ落としだけでなく、部屋干し臭や、汗臭さをその原因からしっかり防いでくれます。

汗や皮膚のあか、牛乳などのタンパク質汚れが残っているとイヤな臭いの原因になりますが、洗剤とウルトラファインバブルを効率よく混合することで洗浄効果を高め、しぶといタンパク質汚れもしっかり落として臭いを防ぎます。

「Ag+抗菌」で部屋干しも怖くない

衣類の雑菌繁殖をしっかり抑える※2
東芝HPより引用

Ag+が繊維の奥までしっかり抗菌し、衣類を清潔に保ちます。

Ag+抗菌ビーズから溶け出した抗菌成分が、ウルトラファインバブルとともに繊維のすき間に入り込み、衣類にしっかり浸透。

お洗濯のたびに抗菌して、衣類に雑菌が繁殖するのを防ぎます。

ウルトラファインバブル水がAg+抗菌水ユニットを通過すると、銀イオンの抗菌成分が溶けてAg+抗菌水を生成します。

大型カラータッチパネルだから操作性◎

タッチパネル
東芝HPより引用

スマートフォン感覚でアイコンをタッチして、スムーズに操作!

ほかのメーカーよりもパネルが大きめなので扱いやすいのが特徴です。

すべての操作は、メニューのアイコンを選んでタッチするだけ。

開始から終了まで、パネル画面に絵とメッセージで運転内容も表示します。

画面の中に使い方も表示されるので、お好みの洗い方やご希望の設定が、選んでタッチするだけでできます。

知りたいときに知りたい情報が表示されるため選択に迷うことが少なく、機械の操作が苦手な方にうれしい機能です。

液体洗剤・柔軟剤 「自動投入」

投入口が広いから注ぎやすい

自動投入のメリットは、

  1. 計量や投入の手間を減らす
  2. 自動で適量を量るから経済的
  3. 洗剤・柔軟剤の置き場所がいらない

といったところです。

手間が減るのはとてもうれしいですよね。

自動投入の量はお好みで設定できます。洗いあがりを確認して設定を変えることが出来ますので自分好みにカスタムできます。

液体洗剤と柔軟剤の使用量は、「標準」「多め」「少なめ」の3段階で設定できます。

自動投入タンクの液体洗剤と柔軟剤が少なくなると、補充をお知らせしてくれる便利機能も搭載しています。

お手入れも、自動投入部分が取り外しできるので簡単に洗うことが出来ます。

新機種 TW-127X9L/Rの新機能

洗剤・柔軟剤の蒸発を抑制する、独自の自立式「密閉構造タンク」採用

注ぎ口が広く、注ぎやすい液体洗剤・柔軟剤のタンクを更に改良。

東芝独自の密閉タンク構造を新たに採用し、洗剤・柔軟剤の蒸発を防ぎます。また自立式タンクのため、お手入れの時にも置き場所に困りません。

「自動2度洗いコース」で、ガンコな泥汚れもすっきり

1度目洗いで汚れた洗濯液を排水・脱水してから、洗剤を自動投入して2度目洗いに入るコースを新採用。

洗濯中の汚れの再付着を防ぐので、つけ置きが必要なガンコな汚れも約60分できれいに洗いあげます。

汚れ移りはドラム型洗濯機の短所でありましたので、そこを補う機能ですね。

Panasonicの最新機種ななめドラムNA-VX900Bでも、2度洗いコースが採用されており、今年のトレンドになっているようです。

関連記事

ななめドラムの新製品発売が決まりました! この記事では、新機種の変更点紹介、新機種・旧機種の比較をしています。 新機種NA-VX900BL/Rは、NA-VX900AL/Rの後継機になります。(L/Rはそれぞれ扉が左開き、右開きと[…]

NA-VX900B

少し着ただけの衣類や軽い汚れに「スピードコース」

少し着ただけの軽い汚れの衣類や、少量のタオル、洗い分けしたい衣類を、家事のすき間時間で手軽に洗濯ができるスピードコースの運転時間を短縮しました。(5㎏の衣類を約15分で洗濯可能

明日使う体操着洗ってなかった!なんてときに重宝する機能です。

衣類・目的別に適したコースをダウンロードできる「アプリコース」を追加

スマートフォン連携機能が充実しました。

コースや終了時間の外出先からの変更、洗濯槽洗浄のタイミングや洗剤の残量を通知する既存の機能に加え、衣類・目的別に適したコースをアプリからダウンロードできるようになりました。

従来、洗い方などに迷っていた場合でも、用途に応じて適したコースをダウンロードして、洗濯機をアップデートしたり、自分好みにコースをカスタマイズしたりすることも可能です。

アプリ機能は実用性が乏しいと感じることが多いので、機能の拡大はどんどん増えていくといいなと思っています。

お手入れが簡単な新形状の糸くずフィルター

糸くずフィルター
東芝HPより引用

くし状のフィルターがお洗濯時に出る糸くずをしっかりキャッチ。

振るだけで、らくにお手入れができます。

手を汚さずにお手入れできるのはうれしいですね。

特にコロナの影響で手を洗う回数が増えているのに、手を洗う回数を増やしたくないですからね。あかぎれ対策にもなりそうです。

まとめ:旧機種TW-127X8L/R新機種TW-127X9L/Rどちらにするか

新機種ではかゆいところに手が届く改善ポイントが多い印象です。

まとめますと、汚れ移り対策が必要なご家庭、お手入れの手間を少しでも減らしたいご家庭、洗濯コースのカスタマイズをしたい方は新機種TW-127X9L/Rがオススメです。

 

余りこだわりのない方は、旧機種TW-127X8L/Rで価格を抑えて購入されるとよいです。

旧機種はすでに生産終了していると思われますので、ご購入予定の方は早めに動かれることをお勧めします。

 

洗濯機まとめは以下の記事へどうぞ。
関連記事

洗濯乾燥機にもドラム式や縦型など種類が多く、選ぶのも一苦労ですよね。 洗濯機はライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。ライフスタイルに合った洗濯機を見つけましょう。 この記事では、家事の手間を減らす性能を備えた洗濯乾燥機を紹[…]

洗濯機