【レビュー PCF-SDS15T-W】我が家はサーキュレーターアイ DC silentを買うことに決めた。

冷暖房の効率化、洗濯物が乾きにくい時期に活躍するサーキュレーター。

我が家では梅雨に洗濯ものが乾かないのが我慢できず、ついに購入しました。

我が家がサーキュレーターアイ DC silentに決めた理由を語ります。

この記事は、サーキュレーターアイ DC silentを検討されている方向けの記事となります。

サーキュレーターアイ DC silentのスペック

サーキュレーターアイ DC silent特殊形状スパイラルグリル・ボール型フォルムを採用。

ジェット気流効果により、コンパクトでもパワフルな風が届きます。

製品名 PCF-SDS15T
タイプ サーキュレーター
スタイル 据置き
モーター種類 DCモーター
首振り設定
風量切替 8段階(弱~ターボ)・リズムモード
適用畳数 20 畳
制御方式 マイコン式
羽根の枚数 3 枚
リモコン
衣類乾燥 強制攪拌モード
タイマー機能 切タイマー:2・4・8時間
リズム風
電源 AC
消費電力 27 W
電源コード 1.8 m
幅x高さx奥行き 210x290x210 mm
重量 1.3 kg

我が家のサーキュレーターの条件は・・・

前提として、家族構成は大人2人、3歳児、1歳児の4人家族です。

予算1万円以下

サーキュレーターに1万円以上は出せないし、1万円以下で十分よい商品が揃っています。

上下左右首振り

我が家では、洗濯物を乾かすことが一番使用頻度の多い使い道です。

左右首振りはもちろん、広く風を当てるためには上下の首振りも必要と考えました。

冷暖房のサーキュレータ―として使うことを考えても上下首振りがある方が効果的です。

運転音が静かであること

我が家では洗濯物を夜干します。

風の音がうるさいと子供たちの睡眠に影響がでますから、静粛性は重要な要素です。

サーキュレーターアイ DC silentは、DCモーター搭載でACモーターよりも静かです。

カバーの網目が狭いこと

安全性を考えると、子どもたちが指を入れられないくらいの狭さが理想です。

他社製品と比べ、サーキュレーターアイはカバーの網目が狭いので、比較的指を怪我する心配は少ないと思います。

サーキュレーターアイ DC silentを実際に使ってみて

アイリスオーヤマHPより引用

静粛性◎

サーキュレーターアイ DC silentは、8段階の風量調整のうち1~5段階までが一般的に静音と言われる35dB以下です。

5段階までは本当に静かで、夜でも全く音は気になりません。本当に静か。

ただし6段階以上は、パワフルな風量ですが普通に騒音を感じます。

軽量・小型

本体が軽量で持ち運びがしやすいです。これは思っていたよりも良かった点です。

浴室乾燥→居室と移動させることが多いので小型で軽量であることは大きなメリットと感じます。

アイリスオーヤマHPより引用

まとめ:我が家の条件に合うのはサーキュレーターアイ DC silent

サーキュレーターアイ DC silentは、静かで上下左右首振りがあり軽量・小型で持ち運びもしやすいです。

他社のようなタッチパネルはないし、イオン系機能もありませんがその分値段を抑えています。

デザイン的に他社に劣る部分もありますが、我が家としては大きなデメリットと感じませんでした。

サーキュレーターアイ DC silentは、必要十分な機能を備えたサーキュレーターと言えるでしょう。