【レビュー BD-SG100G】日立最新のドラム式洗濯乾燥機を旧型機種と比較【 2021年発売】

日立 ビッグドラムのベーシック機種比較記事です。

この記事では、日立 ビッグドラムのベーシック機種、2021年発売BD-SG100GLと2020年発売BD-SG100FLを比較、共通の特徴から最新機能まで紹介しています。

日立ビッグドラム BD-SG100GLは、BD-SG100FLの後継機です。

今回の改定では商品名から[ヒートリサイクル]の名称が取り払われています。

日立 ビッグドラムの歴代の特徴は、大きな投入口で使いやすく、「風アイロン」でしわを抑えて乾燥してくれるドラム式洗濯乾燥機です。

ちなみに型番BD-SG100GLの後につく”L/R”は投入口の扉の開く方向で、Lは左開きです。BD-SG100GLは左開きのみの設定です。これより上位の機種は左右とも設定されています。

旧機種BD-SG100FL 新機種BD-SG100GLをスペックで比較

衣類に合わせて選べる洗濯コースです。
日立HPより
製品名 ビッグドラム BD-SG100GL ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SG100FL
メーカー 日立 日立
仕様
ドラムタイプ 斜型 斜型
容量 洗濯容量 10 kg 10 kg
乾燥容量 6 kg 6 kg
標準使用水量(洗濯時) 78 L 78 L
騒音レベル 洗濯時騒音レベル 34 dB 34 dB
脱水時騒音レベル 37 dB 37 dB
乾燥時騒音レベル 48 dB 48 dB
消費電力 洗濯時消費電力(50/60Hz) 140/140 W 140/140 W
洗濯時消費電力量(50/60Hz) 69/69 Wh 69/69 Wh
洗濯乾燥時消費電力量(50/60Hz) 1590/1590 Wh 990/990 Wh
目安時間 洗濯時標準コース目安時間 45 分 45 分
洗濯乾燥時標準コース目安時間 145 分 165 分
機能
洗剤・柔軟剤 自動投入
スマホ連携
AI自動運転
ほぐし脱水
自動おそうじ
インバーター搭載
ヒートリサイクル
予約タイマー
カビ取り機能
シワ取り機能
電気代(目安) 洗濯時目安:1.9円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:42.9円(50Hz/60Hz)

洗濯時目安:1.9円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:26.7円(50Hz/60Hz)

水道代(目安) 洗濯時目安:20円

洗濯乾燥時目安:23円

洗濯時目安:20円

洗濯乾燥時目安:15円

1回あたりのコスト(目安) 洗濯時目安:21.9円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:65.9円(50Hz/60Hz)

洗濯時目安:21.9円(50Hz/60Hz)

洗濯乾燥時目安:41.7円(50Hz/60Hz)

サイズ・質量
本体幅 60 cm 60 cm
幅x高さx奥行き 幅(本体幅)×高さ×奥行:630(600)×1050×715(外形寸法は給水ホース取付部・排水ホースを含みます。本体幅の寸法は手掛けを含みません。) mm 幅(本体幅)×高さ×奥行:630(600)×1050×715(外形寸法は給水ホース取付部・排水ホースを含みます。本体幅の寸法は手掛けを含みません。) mm
防水パンサイズ(内寸奥行) 540 mm 540 mm
質量 77 kg 77 kg

スペック上は変化は以下の2点

洗濯乾燥時標準コース目安時間が20分減少 

標準コースではやく洗濯が終わるようになったのは忙しいご家庭にとってうれしいことですね。

・新機種からインバーター搭載?

これは未確定です。

旧機種のHPにインバーターの記載がないだけでもともと旧機種からインバーターが搭載されている可能性があります。

旧機種BD-SG100FL 新機種BD-SG100GL共通の特徴

センサービッグドラム洗浄

センサービッグドラム洗浄
日立HPより

センサーで洗いをコントロール、きわだつ白さに洗い上げます。

センサーで布質や布量を検知し、たたき洗いの効果が大きくなるようにドラムの回転数をコントロール。また、衣類の量に合わせて水量も調節します。

風アイロン

日立HPより

日立ドラム式洗濯乾燥機の機能で一押しといえばコレ。

高速風でアイロンがけの手間を減らしてくれます。

大容積ドラムと高速風で、衣類を大きく舞い上げシワを伸ばしながら、乾燥します。

時速約300kmの高速風を吹きかけて、シワを伸ばします。

さらに、ドラム内の湿度をコントロールして、衣類を蒸らして袖まできれいに。

また、衣類温度約65℃の低温乾燥で、ふんわりやさしく仕上げます。

乾燥ダクトクリーンシステム

①洗いやすすぎの際に、シャワーで上から、乾燥ダクトのホコリを洗い流す。 ②自動おそうじ時に、ドラムが回る遠心力で乾燥ダクトの下から水を通し、ホコリを洗い流す。イメージ図(BD-NX120F)
日立HPより

洗濯のたびにホコリを洗い流してくれます。

普段お手入れが出来ない場所を、洗濯機が勝手にやってくれるので手間いらずです。

新機種 BD-SG100GLの新機能

快速速乾コース

日立HPより

短時間で、しっかり洗ってきれいに乾かします。

洗濯〜乾燥6kg時で120分。標準コースと比べ25分の短縮です。

忙しい家事の時短や、その日のうちに必要な衣類があるときに使いたいですね。

除菌清潔プラスコース

日立HPより

水で洗えないものも除菌・消臭・ウイルス抑制。

湿気を含んだ温風で衣類を加熱し、除菌、ウイルスを抑制。

また、ニオイが気になるものを消臭します。ドラムが回転しないので、形くずれも抑えます。

感染対策の感度が上がってきた近年、欲しかった機能が搭載されました。

抗菌糸くずフィルター

イメージ図

ごみを集めやすく、振るだけで取れる。

くしの本数が増えてごみを集めやすい新形状。

また、くしが抗菌仕様になりました。

細かい進化がうれしいですね。

まとめ:旧機種BD-SG100FL新機種BD-SG100GLどちらにするか

ネット価格で確認すると、現在値段の違いは1万円程。

大幅なアップデートはありませんが、値段の違いはほとんどありません。

私なら新機能が搭載された新機種BD-SG100GLを選びます。

洗濯機まとめは以下の記事へどうぞ。

関連記事

洗濯乾燥機にもドラム式や縦型など種類が多く、選ぶのも一苦労ですよね。 洗濯機はライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。ライフスタイルに合った洗濯機を見つけましょう。 この記事では、家事の手間を減らす性能を備えた洗濯乾燥機を紹[…]

洗濯機