【レビュー MRO-W1Y】我が家はヘルシーシェフ MRO-W1Yを買うことに決めた。

最近、オーブンレンジの調子が悪いのです。あたためムラが多くて二回あたためをしないといけないこともしばしば。

そこで、我が家ではオーブンレンジを新調することにしました。

我が家がヘルシーシェフMRO-W1Yに決めた理由を語ります。

そのため、ヘルシーシェフMRO-W1Yを検討されている方、ファミリー世帯向けの記事となります。

ヘルシーシェフMRO-W1Yのスペック

日立HPより

ヘルシーシェフ MRO-W1Y
日立から2020年7月発売。食品の重さと温度をはかって火加減や時間をオートでコントロールしてくれる「Wスキャン」採用の過熱水蒸気オーブンレンジ。

タイプ 過熱水蒸気 オーブンレンジ
総庫内容量・庫内形状 30L ワイド&フラット庫内
センサー種類 Wスキャン(トリプル重量センサー+センター赤外線センサー)+温度センサー
レンジ 最高出力:自動 1,000W
オーブン 最高温度:自動/段数/方式300℃/2段/熱風式
ヒーター ダブル光速ヒーター
グリル 大火力平面グリル
スチーム 給水タンク式
過熱水蒸気 ボイラー熱風式
レシピ数/オートメニュー数 287/242
Wスキャン調理*5 193
クックパッド殿堂入りレシピ 40
食品メーカーコラボレシピ 20
ヘルシー 49
ノンフライ 23
スピードメニュー 67
セットメニュー おかずセット、朝食セット
2品同時あたため
トースト(1~2枚) (オート:途中で裏返し)約7分
庫内の見やすさ LED庫内灯×2灯、明るい庫内色
表示部 フルドット液晶(バックライト付き)
簡単操作 ボタン一体型ダイヤル、簡単レンジボタン
スマートフォン連携
庫内底面 外して丸洗いテーブルプレート
庫内側面・背面・天面 汚れを落としやすい庫内側面、お手入れしやすい平面グリルヒーター
コース 清掃・脱臭・水抜き
設置時に確保するスペース 左右・背面 壁ピッタリ
放熱スペース 上方10cm以上
待機時消費電力ゼロ
年間電気代 1903.5 円
年間消費電力量 70.5 kWh
省エネ基準達成率 104%(2008年度)
サイズ 幅497x高さ375x奥行き442(ハンドル含む:500)mm
質量 18 kg
庫内寸法 幅401x高さ218x奥行322mm

我が家のオーブンレンジの条件は・・・

前提として、家族構成は大人2人、3歳児、1歳児の4人家族です。

予算5万円

ホントは3万くらいであるとうれしいですが、この後紹介する機能が外せない!

ということで5万にしました。

ヘルシーシェフMRO-W1Yは実勢価格で5~6万円といったところです。

二品同時あたため

日立HPより

我が家では、お弁当や1歳児用の食事を作るのにレンジを多用します。

朝、2品同時にあたためができると時短になってとても助かるのです。

温度の違うもの(冷凍と冷蔵)を同時温めできないなど、他機種に劣る面も見られます。

他社の最上位機種では可能です。が、値段をみると3万~6万円の差がありますので、比較してはいけない気がします。

あたためにムラがすくないこと

あたための性能は、センサーによって左右されます。

いくつかの種類が違うセンサーが搭載されており、そのうちの一つが赤外線センサーであることが条件です。赤外線はあたためで一番精度の高いセンサーです。

ヘルシーシェフMRO-W1Yは3つのセンサーが搭載されています。

Wスキャン(トリプル重量センサー+センター赤外線センサー)+温度センサー

3つのセンサーで信頼度も高いです。

トリプル重量センサー: 3つの重量センサーで食品の重さと位置を計測
センター赤外線センサー: 庫内天面奥の赤外線センサーが、上から食品の温度を計測。
温度センサー:庫内の温度をはかる。オーブン機能などで使用。

お手入れがしやすいこと

過熱水蒸気機能は、使った後のお手入れが必要な場合が多いです。

できるだけお手入れに手間がかからないほうが嬉しいですね。

ヘルシーシェフの特徴として、手入れがしやすさが挙げられます。

外して洗えるセラミック製のテーブルプレートで、汚れを落としやすく、側面や天面もヒーターが露出していないので拭きやすいのです。

過熱水蒸気機能があるか

体に優しくてうまいもんが食べたい!子どもに食べさせたい!ということでこの機能が欲しいです。

ヘルシーシェフ MRO-W1Yには、ヘルシーな自動調理メニューも備わっています。

油をつかわないから揚げなどもできます。

ヘルシーシェフ MRO-W1Yのそのほかの機能

クックパッドの殿堂入りレシピ、メーカーコラボレシピ搭載

日立HPより

クックパッドの殿堂入りレシピから厳選したレシピや、キューピーやキッコーマンなどの食品メーカーとコラボしたレシピを40種類搭載。[Wスキャン調理]で重さと温度にあわせてオートで作ってくれます。

時短スピードメニュー搭載

プラボウルメニュー
日立HPより

手軽に10分以内でできるスピードメニューを4種類、3品まとめて調理できる[おかずセット]7種類を搭載しています。

時短機能でありがたいのは、ワンボウル調理機能。40種ものオートメニューがあります。

扱いやすい耐熱プラスチック製ボウルでも簡単ワンボウル調理ができます。(もちろん耐熱ガラス製も使用可)

ヘルシーシェフMRO-W1Yの買い時はいつ?

ヘルシーシェフMRO-W1Yは2020年7月に発売されたモデルです。

そのため、2021年7月頃に新機種が出ると予測します。

つまり型落ちになるのが2021年7月頃。

この1ヶ月前の2021年6月頃がねらい目です。

まとめ:我が家の条件に合うのはヘルシーシェフ MRO-W1Y

ヘルシーシェフMRO-W1Yは二品同時あたためが出来るモデルでは最安値なのです。

余計なスマホ連携とかもないですし、シャープの最上位モデルほどの性能はないですが、我が家にはドンピシャ。

予算があればシャープ最上位モデルを使いたかったのですが断念しました。

ヘルシーシェフMRO-W1Yは、必要十分な機能を備えたコスパ型オーブンレンジです。コスパ重視の方におすすめします。

ちなみにMRO-W1Yは搭載されていないスマホ接続は、ひとつグレードの高いMRO-W10Xで搭載されています。

オフラインのためランキングが表示できません