フレームガラストップ

【レビュー NA-FW100K9】Panasonic縦型洗濯乾燥機を旧型機種と比較【 2021年6月発売】

新製品が発売されたとき、新機種と旧機種でどちらがお得なのか考えますよね。

この記事では、新機種NA-FW100K9と旧機種NA-FW100K8を比較して新旧どちらがお得なのかはっきりさせます。

結論として、旧機種NA-FW100K8を買うことをオススメします。その理由を以下につづっていきます。

スペックの比較

旧機種NA-FW100K8 新機種NA-FW100K9
洗濯容量 10 kg 10 kg
乾燥容量 5 kg 5 kg
標準使用水量(洗濯時) 110 L 110 L
洗濯時騒音レベル 32 dB 32 dB
脱水時騒音レベル 37 dB 37 dB
乾燥時騒音レベル 45 dB 45 dB
洗濯時消費電力(50/60Hz) 320/320 W 320/320 W
洗濯時消費電力量(50/60Hz) 60/60Wh 60/60Wh
洗濯乾燥時消費電力量(50/60Hz) 2290/2290 Wh 2290/2290 Wh
洗濯時標準コース目安時間 34 分 34 分
洗濯乾燥時標準コース目安時間 210 分 210 分
本体幅 55.4 cm 55.4 cm
幅x高さx奥行き 599×1089×665 mm 599×1089×664 mm
防水パンサイズ(内寸奥行) 540 mm 540 mm
質量 51 kg 51 kg

旧機種から大きな変更点はありません。

新機種・旧機種共通の特徴

多彩な洗濯コースと、洗濯の手間をなくす「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」が最大の売りです。

洗浄力:「泡洗浄&パワフル立体水流」、多彩なコース

泡洗浄
panasonicHPより

ジェットバブルシステムによる濃密泡で繊維の奥の汚れもしっかり落とします。

軽い汚れの化繊衣類を約60分で洗濯~乾燥「化繊60分コース」や、デリケートな衣類をやさしく洗うおうちクリーニングコースなど、衣類に合わせて多彩なコースを選択できるようになっています。

使いやすさ:「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」

洗濯のたびに計量しなくてよく、洗濯のひと手間がなくなります。また、無駄な洗剤消費を抑えることが出来ます。まさに、買うに値する機能!

デザイン:「フレームレス ガラストップ」「すっきりフロント」

パナソニックは使いやすく、すっきりしたデザインが特徴。

洗濯物の出し入れがラクな「すっきりフロント」

すっきりフロント
すっきりフロント

清潔で高級感のある「フレームレス ガラストップ」

フレームガラストップ
フレームガラストップ

旧機種NA-FW100K8発売時の追加機能

「槽洗浄」コースを使ったお手入れのタイミングを通知する「槽洗浄サイン」

洗濯槽のお手入れを忘れないように、月1回の「槽洗浄」コースのタイミングをお知らせする機能を搭載。お手入れのタイミングをお知らせします。衣類用の塩素系漂白剤を使い「槽洗浄」コースで洗濯槽のお手入れをおこないます。洗濯槽の裏につく見えない黒カビの発生を抑えて、清潔な状態で洗濯が出来ます。

槽洗浄サイン
槽洗浄サイン

お手入れのしやすさと、糸くず捕集率をアップした「楽ポイフィルター(抗菌加工)」

旧機種ではお手入れ時に「開ける場所が分からない」「開けにくい」など形状に関する不満があった糸くずフィルターを改良。2色構造にし、ツマミを大きくすることで開閉を簡単にし、糸くずに触れずに捨てることができるようになりました。水位が低くても、しっかり糸くずを捕集できる大容量のフィルターで、捕集率を従来比約6%アップ※3

※3:従来品(NA-FW120V2)75.8%、新製品(NA-FW120V3)81.9%(低水位の場合)

汚れのひどいものを洗った後に便利な「サッと槽すすぎ」コース

洗濯の前に短時間で洗濯槽をすすげる「サッと槽すすぎ」コースを新たに搭載。

汚れたものを洗った後などに、強力かくはんと大水流シャワーで槽内をすすぎます。

新機種NA-FW100K9で搭載された新機能

おしゃれ着コース

おしゃれ着のイメージ写真
panasonicHPより

おしゃれ着をやさしく短時間で洗いたい方にオススメの機能です。

汚れをしっかり落としながら、布地の傷みを抑えて洗います。

「おうちクリーニング」コースと比べて短時間で洗うので、おしゃれ着が多い方にもおすすめです。

容量は3.6 kgまで。数枚であれば問題ない容量ですね。

すすぎ後自動槽洗浄

追加する水はゼロ!,除菌もできる!,約1分/1回 電気代(目安)約0.1円,運転時間約1分
PanasonicHPより

自動槽洗浄で除菌ができるようになりました。

すすぎ後、ためすすぎの水を利用し、内槽の高速回転による遠心力で強い水流を発生。

外槽の内側や内槽の外側を勢いよく洗い流して、黒カビ発生の原因となる洗剤カスの付着を抑制します。

コストもかからないので助かりますね。

まとめ:旧機種NA-FW100K8がおすすめ

新旧共に、多彩な洗濯モードと、洗濯の手間をなくす「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」が最大の売りの魅力的な洗濯乾燥機です。

新機種を購入するべき方は、NA-FW100K9新機能の「おしゃれ着コース」が欲しい方のみ。自動層洗浄自体はもともと搭載されていたものですので、大幅な変更ではないのです。

新機種の発売日を過ぎると旧機種は品薄になり値段が上がってくることが多いです。旧機種を検討中の方は、早めに購入されることをお勧めします。

他社製品と比較したいという方は、こちらをどうぞ。

関連記事

洗濯乾燥機にもドラム式や縦型など種類が多く、選ぶのも一苦労ですよね。 洗濯機はライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。ライフスタイルに合った洗濯機を見つけましょう。 この記事では、家事の手間を減らす性能を備えた洗濯乾燥機を紹[…]

洗濯機